カテゴリーアーカイブ 心理カウンセラー

著者:womanproject

大西 ますみ プロフィール

聴き屋『サロン ド リュヌ』代表
人生デザイン家 大西 ますみ
masumi
■ホームページ
http://salon-de-lune.lovexlove.net/

■ブログ
https://ameblo.jp/salondelune

 

活動地域

岐阜市・西濃地域及び近郊、静岡県

 

大西 ますみ プロフィール

聴き屋【サロン ド リュヌ】代表。

体を動かすのが大好きな、元気な男の子二人のママです。
ワーママとして長年会社員をしていましたが、上の子が学童に預けられなくなったタイミングで退職しました。

育休を2回取得し、時短制度も使いながらの仕事と家庭の両立。
会社・上司の理解もあり何とか働くことができていました。

でもやはり仕事では制約があり、
・遠方の出張はできない
・休日出勤も頻繁にはできない
・残業もできない
・取引先との懇親会には参加できない
など、できない尽くしで、キャリア志向の私には“思いっきり仕事ができないジレンマ”がありました。

仕事が終われば、お迎え、夕食の準備・片付け、洗濯、次の日の用意、子どもが寝静まった後に園や学校のプリントを確認、提出書類があれば作成。
これがまた書類は想像していたより多くてびっくり。

うちは同居でもなく、近くにどちらの両親もいない、パパは出張も多く帰宅も遅い。

ほぼ一人の子育て。
まさに孤育てでした。

体力的にも精神的にもギリギリで、子どもに対しても当たる日々。
今思えば何でもないことでイライラして、怒鳴っていました。

本当は可愛くて可愛くて一緒にいたいはずなのに、ゆっくり話したり、遊んだりができない事に疑問を感じ始めました。

学童に預けられなくなったタイミングもあり、一大決心をして退職。

退職後、以前から興味のあった心理学を学ぶため心理カウンセラーの講座に通い始めました。

そこで出会ったのが「mama育」です。

自己肯定感を高め、ママのイライラを解消し子育てを楽しくする方法が学べます。

今の私は非常勤講師や自営業として前とは違うフリーの働き方をしていますが、mama育と出会ったことで、自分も認め、子供も認め、ゆるーく気楽に子育てしています。

否定ばかりしていた子供の行動も許せるようになりました。
保守的な子供の態度に以前は歯痒くてついつい口を出していましたが、子供の力を信じて見守れるようになりました。

もし会社員時代にmama育に出会っていたら、もっと子供に優しくできていたはず。

あんなにイライラしていなかったら自分も子供も楽しかったはず。

もっと子供を愛おしく感じていたはず。

ママ自身も自分を認めてもっと楽に子育てができていたはず。

そしたら、好きな仕事にもプラスの効果が現れて、働くことも楽しくなり、結果的には会社にも貢献できでいたかな。
もしかしたら、心が軽くなり仕事も続けられたかもしれません。

そんな自分の苦い経験から、ワーママが真の意味で、ワークライフバランスができるよう応援していきたいと思っています。

ママのメンタルを整えて、女性がキラキラ輝ける社会を目指しています。
女性が元気だと、家庭も職場も、社会も明るくなる。

これが私の持論。

専業主婦も、パートも、派遣も、正社員も、経営者も、子供がいればみんな同じママ。
そのママ業を思う存分楽しんでほしいのです。

孤育てにならない、あなたの想いを受け止める場所がここにはあります。

mama育は学ぶというよりは、あなたの心で感じていただきたいです。
素敵なママたちにお会いできるのを楽しみにしています。

一緒にmama育しましょう。
mama育について

 

女性に人気の医療系資格取得

医療事務・調剤事務資格取得講座もしております。
詳細はこちら

 

■ホームページ
http://salon-de-lune.lovexlove.net/

■ブログ
https://ameblo.jp/salondelune


 

著者:womanproject

栗生 知子 プロフィール

tomoko3

現役看護師
mama育トレーナー

Blog:https://ameblo.jp/rakrakmama/

栗生 知子

【活動地域】岐阜県揖斐郡、名古屋

落ち着きがなく、やんちゃすぎる娘2人の子育てが思うようにいかず、悩みに悩んだ末に出会ったのがmama育です。

「どうしたらいいの…?」と不安な気持ちが「こんな方法があるんだ!!」という前向きな気持ちに変わり、「いいママになれない…」と落ち込む気持ちが「今の私で大丈夫!!」という自信に変わりました。

mama育トレーナーとなって、新たにたくさんのママや子ども達と出会うことができ、悩んでいること、辛いことだけでなく、楽しいこと、嬉しいことも一緒に共有できることが私のやりがいに繋がっています。

 

Blog:https://ameblo.jp/rakrakmama/

お問い合わせ